五線読みのトレーニングは、導入期の子供たちにとって苦手な作業になります。うたったり、弾いたりすることは楽しくできても、子供たちにとって、五線読みは手ごわいものです。

順番に正しく学習することによって、五線読みは、平易なものとなりトレーニングが楽しくなります。

ステップ1
線の上、線と線の間の認識トレーニング

五線のみのカードを取り出し、おんぷ音符を切り取ります。

線と線の間に置きましょう。
五線譜
線と線の上に置きましょう。
五線譜
ステップ2
何番目の線の上、何番目の線と線の間か

キャラクター面のカードを生徒に見せて下記のように言えるようにする。

ステップ3
おんぷのキャラクターを覚えましょう

指定されたところにをおきましょう。

ど
どんぐりくんの
ど
レモンちゃんの
み
みかんちゃんの
ふぁ
ファイトくんの
ふぁ
`そ
ソフトクリームくんの
ら
ライオンくんの
し
しかさんの
ステップ4
楽譜面を見せ音名を教える
ど

お耳がついている音符が

れ

一番下にくっついているのが

れ

一番下にくっついているのが

おんぷカードステップ表

ステップ1
ト音記号のドからソのカード5枚をランダムにフラッシュカード形式で生徒に見せ、20秒以内で読めれば合格です。
ステップ2
ト音記号のドからドのカード8枚をランダムにフラッシュカード形式で生徒に見せ、30秒以内で読めれば合格です。
ステップ3
へ音記号のドからソのカード5枚をランダムにフラッシュカード形式で生徒に見せ、20秒以内で読めれば合格です。
ステップ4
へ音記号のドからソのカード5枚をランダムにフラッシュカード形式で生徒に見せ、20秒以内で読めれば合格です。
ステップ5
ト音記号のドからド、ヘ音記号のドからドのカード16枚をランダムにフラッシュカード形式で生徒に見せ、60秒以内で読めれば合格です。

小さな目標を数多く設定することで、読譜は早くなります。合格したら花の中に合格の文字を書いたり、花の顔を書いたりしてください。